« 1号機(50MHzSSB DDS-VFO)その後 | トップページ | 2台目製作 その13 »

2011/05/16

2台目製作 その12

1号機と比較して、かなり感度が悪いので、基板の見直しを行いました。

受信RF基板に実装した2SK241のドレイン側コイルが電源ラインからはずれてました。
基板のパターンやリード線の切れ端でつながないで半田でブリッジしてつないでいただけだったため、何かの時に間違って半田のブリッジを吸い取ってしまったようです。

修正するついでに電源の供給をコイル(FCZ7S50)の1ピンから2ピン(中点)に移動し、電源とコイルの中点の間は小さいフェライトビーズにリード線を通したもので接続するようにしました。

コイルの同調を取り直した結果、30倍程度のゲインが取れるようになりました。

« 1号機(50MHzSSB DDS-VFO)その後 | トップページ | 2台目製作 その13 »

自作」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2台目製作 その12:

« 1号機(50MHzSSB DDS-VFO)その後 | トップページ | 2台目製作 その13 »