« VK6RSX聞こえた | トップページ | FM波の位相ずれ »

2012/04/20

CQ誌2012年5月号

感想です。

あえて言ってしまいますが、非常通信とかって「目的外通信」ですよね。
次が来る前にちゃんと法整備してほしいと思う。(次なんか永遠に来て欲しくないけれど。)

「アンテナ拝見」のページってページ数とアンテナに掛けているコストが比例していないかな。
ぶっちゃけ、ページ数の多い回は参考にもならない・・・・。

KN-Q7A、うちの「爆弾」こと2号機よりもあれこれはしょってるな~~~。AGCとかALCとかメーターとか。
AGCとメーターは無くてもいいと思うが、ALCはあった方がいいと思うな。

DVAPドングルの記事、ワンチップでは免許されるのが困難としていますが、要はワンチップなのが問題なのではなく不要輻射の問題ではないだろうか。フィルタさえきちんと入っていれば免許されるはず。周波数は違うが、2.4GHz帯ではRFモデムICからアンプなしでアンテナに送る構成で免許されています。(RFモデムICから直接アンテナにつながる経路とパワーアンプを経由してアンテナに送る経路を持たせてパワー切り替えを行うようにしています。)

新連載の「ハムのアンテナQ&A」は次回が待ち遠しいかな。


« VK6RSX聞こえた | トップページ | FM波の位相ずれ »

日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: CQ誌2012年5月号:

« VK6RSX聞こえた | トップページ | FM波の位相ずれ »