« CB機の周波数カウンタ | トップページ | QRPクラブコンテスト結果 »

2016/12/18

笹子雁ヶ腹摺山(山梨県大月市)

笹子雁ヶ腹摺山に行ってきました。
先週2日続けて行ってるし、次の週末は1エリアAMコンテストなのでちょっと軽めで展望の期待出来そうな場所を選定しました。別の場所にある雁ヶ腹摺山には以前行っているので比較しても面白いかなという思惑もちょっとだけありました。

笹子峠のトンネル脇から尾根道に出て後はひたすら歩くパターンは先週の都留二十六夜山と同じです。面白いのは、中央道や甲州街道の笹子トンネルの真上にある山なんですね。

トンネルと


案内板と



周辺の地図です。

登り始めるとすぐに笹子峠に出るので案内板もこんな風に麓の人里の道が書かれています。(バス停から登って山向こうに降りる人向けの案内でしょうね。)


途中で尾根道と新道(巻道)に分区しています。日和って新道から行きましたが、狭い所が多くすれ違いできないとどうなっていたことやら。


路肩の葉っぱを踏み抜いて堕ちたら洒落にならないな〜などとビビりながら、下山する人鉢合わせすることもなく合流点に到着しました。ここで今回初めて下山してきた方とお会いしました。帰りは新道に行ってみようかということなので遅れなくてよかった。


しばらく歩くと最後の登り、かなり急な坂に出ました。
ここは写真撮り忘れました。
山頂は富士山や南アルプス、その他周囲の山が青空のもととても良い感じでした。




山頂から少し離れた所で運用していると巨大な電光掲示板の裏?広告塔?のような構造物がありました。


ツイッタで「反射板(電波の)?」とアップしたところ即座にその通りと応答をいただきました。

山頂では430FMで横浜と数局、南アルプス市2局と交信。何時もと違う所に登ると新しい出会いがあるな〜。


下山は尾根道に行ってみました。斜面に付けた細い道ではないので幅広い部分が多く、気分的には楽だったかも。

« CB機の周波数カウンタ | トップページ | QRPクラブコンテスト結果 »

日記」カテゴリの記事

移動運用」カテゴリの記事

コメント

雁ヶ腹摺山もいくつもあるんですね。富士山が綺麗ですね。秀麗富嶽十二景?あっ自分で調べますね・・・
甲斐大和のセブンイレブンに車を停めさせてもらって笹子峠を越えて矢立杉を見て笹子まで歩いて電車で戻った時、雁ヶ腹摺山って、峠からも崩れやすく登り口から怖そうに見えました。
どこでも出没する?いえ、どこでも歩いちゃうんですね。すごいです。私は誰でも知っているようなところしか行かれないです。無線機やアンテナも自作できないです。山の本よりわかりやすくて、次はどこだろ?って楽しみにしてます。17日に雲取山に行きました。柳沢峠から、勝沼に抜けてR20で帰ったので、今日にすればよかったです。

すっかり登山家ですね。
靴、合羽、ザックは本格的なの揃えましたか。
お湯を持っていくか、お湯が沸かせるようにグッズを揃えましょう。
滅多に使いませんが、ツェルトも常備するといいです。
これ、長時間運用する時に張るといいですよ。保温になるし。
当方は登山靴をいいものに変えたいです。
ザンバランというところのがピッタリ合うんで。

かさねさん、KVSさんコメントありがとうございます。

紅葉が終わって雪が降る前って山でVHFやUHFの移動運用をやるには以外と良い季節じゃないかと思います。それと夏〜秋の運動不足解消に歩き廻ってます。天空も安定していますし。

伊豆でダイビングですか、20年くらい前にちょっとやってました。肴、もとい魚の名前はあまり覚えませんでしたがじゃボンとエントリーした瞬間に景色が変わって別世界に行くのが面白かったです。結婚して子供ができて、それ以来ご無沙汰なんですけどね〜。

KVSさん相変わらずグッズ関連は詳しいですね。バイクのソロキャンプやってたので調理器類は一通り揃ってますが、山に行く時は軽量化で持って行かないことが多いですね。それとザックはそろそろフレームの入った日帰り〜小屋一泊程度に使えるやつが欲しいかなぁ。以前は持っていたのですが、いつの間にか消えてる。(ついでにテント2張りも納戸の奥で行方不明)


金曜日は奥武蔵の丸山かな。登るってほどの場所ではないですが、移動運用的にはかなり良い場所です。その後の土日は未定。

えっ?ダイビングもされてたんですね〜バイクでソロキャンプ?とってもアクティブですね!
それより、山登って、無線もやって、長距離(山道)運転・・・帰ってその日にブログに無線、写真や山の情報までアップするって、私はツイッター、ラインもやってないアナログ人間なので、尊敬〜
コメントも申し訳ないです。でも北アとか、百名山は情報いっぱいだし、登山道も整備されてるし、誰か必ず人がいるけど、この山なんて読むの?って山は、まず登山口にたどりつくのも大変。でもこの景色独り占め〜!だったり、無線も他の登山客気にしなくていいですよね?って、私は無線は初級にも至らない入門?・・・今、門を叩いてる所です。叩かれてますよ〜
山道具は全てに役立ちますよね。週末ホームレスにもです。シェラフもテントもザックも靴も車に載せてます。
いつでも登れます。いつでも逃げられます。どこでも生活できます。災害なら無線もあれば、鬼に金棒ですね!(鬼って誰?)そうそう、私は荷物の量が不安の量〜みたいで軽量化が課題です。日帰りなのに、60Lのザック・・・
移動運用は無線関連のものだけで重量級ですよね。私はハンディのみだけど
信州では小学校も中学校も集団登山がありました。燕岳とか全員お揃いの体操着でした。靴も殆ど一緒だから、中学校名、クラスと名前が靴の白いところに書いてあったりして・・・しばらくそれを履いて、汚れてもいい惜しくない普段着で地元の山(北ア)歩いてて、他県からの大人に心配されてましたよ。最近、山の物はタウンでもオシャレでカラフルですよね。私も靴はいいもの欲しいけど未だによくわからなくて・・・ザンバラン?も気になったけど、ちっちゃいのあるかな〜私自身が純国産で、標準よりひとまわり小ちゃいんです。態度は、大きくてごめんなさい。
またまたロングトーク・・・反省します。はい仕事始まります〜

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 笹子雁ヶ腹摺山(山梨県大月市):

« CB機の周波数カウンタ | トップページ | QRPクラブコンテスト結果 »