« CI-Vデータ表示器(基板を発注してみた) | トップページ | CI-Vデータ表示器(基板到着) »

2017/08/07

フィールドデイコンテスト

今年も暑い夏がやってきました。
曇り空の日が続いていたのは私の周りだけ?



昨年、一昨年と移動している埼玉県民の森へとやってきました。気温35度の地上から奥武蔵グリーンラインに上がっただけで一気に5度以上涼しくなります。数百mでも高度のある場所は違います。県民の森では25度と10度も違っていました。



駐車場にこんな張り紙が。

え?展望台でVUを運用すると凄く良いペースで局数が伸びるんですけど?(^^;;
更にこれ。

隣の簡易トイレが使えるので実害はないですが。



マルチバンド種目は諦めて別の場所へ。
何処にするか迷いましたが、なるだけ車で行ける高い場所である城峰山へ向かいました。
山頂直下の峠に車を置いて徒歩で山頂へ向かいました。と言っても10分もかからずに登れるので楽な方だと思います。

晴れてました。


山頂にカエル。小指の先くらいのサイズなので今年生まれたのかな。


アンテナ設営しました。


移動シャックその1

100均で買った腰掛けの上です。ログ用のPCは膝の上。
FT680はCWモードにすると送信しっぱなしになる問題を解消していなかったのでこの時点ではどのバンドに出るか迷っていたと思います。既に開始30分前(^^;;

ガツーンと聞こえていた筑波移動のJK1LSE本田さんとラグチューしていると開始時刻になったのでまず1局。

wq







開始1時間のログです。
西の方から2局。台風は大丈夫だったでしょうか。
Ctw1

山頂から降りて車の中へ移動シャックその2を設置。
周囲は真っ暗で、しばらくすると霧の中でした。

山頂では使わなかったCQマシンを投入します。アンテナは先程と同じものを車の上に設置しました。


ログをもう一枚。秋田局から呼ばれました。関東の初マルチと言われましたがこちらも初秋田でした。
Ctw3


岩手のマルチもいただきました。これで7エリアは青森を残すのみ、なのですが、実は50MHzの青森県は通常の交信も含めていまだに未交信だったりします。
Ctw2


途中で仮眠しつつ夜中まで運用した後に移動開始しました。秩父市を抜けて国道299号の正丸トンネルを抜けるまでは良かったのですが、狩場坂峠に向かう林道の途中からガスが出て10m先がやっと見えるような状態になりました。狩場坂峠の移動局は就寝中だったのかな?灯りが消えているようでした。

更に数キロ移動して儀峠の登山道入り口辺りの林道脇で仮眠。明るくなり始める頃にアンテナ設営して再開しました。

1エリアで残っていた山梨がきました。
Ctw4

時々陽が射していましたが、概ね霧と曇り空の下での運用となりました。



結果
17マルチになりました。開始1時間で山口、大分の局と交信できましたがEsはそれ以降つかまえられずに終りました。
Ctw_mul






QSOレートはこのように。合計215局でした。
19時台が少ないのは下山中で交信できなかったため。23時前後は仮眠してました。2時~4時は移動と2度目の仮眠。
Ctw_rate



天候がイマイチでしたが撤収が楽だったので、その点はよかったのかも。
交信していただいた各局、ありがとうございました。




« CI-Vデータ表示器(基板を発注してみた) | トップページ | CI-Vデータ表示器(基板到着) »

日記」カテゴリの記事

移動運用」カテゴリの記事

コメント

コンテスト開始前とスタート時に交信いただき、ありがとうございます。
ループアンテナの様子がよく分かりました。ループアンテナは試したことがないので、今度やってみようと思います。私も自作が大好きです。引き続き、よろしくお願いします。

コメントありがとうございます。
コンテスト開始前にもかかわらずあまり聞こえないので心配していましたが、強力に届いているとコメントいただけたので安心していました。

移動ではいつもこの類のアンテナを使っています。狭い場所でも設置できて振り回しやすく、そこそこ飛ぶようです。
こちらこそまたよろしくお願いします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: フィールドデイコンテスト:

« CI-Vデータ表示器(基板を発注してみた) | トップページ | CI-Vデータ表示器(基板到着) »