« 6mQRPトランシーバ製作中 20171002 | トップページ | 全市全郡コンテスト »

2017/10/03

6mQRPトランシーバ製作中 20171003

ついった上でのディスカッションで低電力変調のAMならそれほど回路追加しないでも実現できるのではないかということに至ったので送信時の変調回路であるCB413M1の信号入力に「AMモード時ダイオードのVf分だけバイアスを掛ける」回路を簡易的に追加してみました。(Tnx 7L4WVU)
キャリアポイントがXFの真ん中に合っていないはずなので、XFの手前で波形を観測するとマイナス変調ではありますがAMっぽい信号が確認できました。(ダイオードのVfをVRで分圧してキャリアレベルを調整できるようにすればマイナス変調は解消できるのではないか予測)
AM受信時にもバイアスがかかったままですが一応聞こえます。バイアス成分をLoの周波数に変換したお漏らしが出ているはずですがXFでカットされている様子です。
6m2017ifrf
6m2017af

AMの受信はNJM2594でもう一回ヘテロダインした後に3端子AMラジオICでもつけますかねぇ。
CWの送信もできるといいのですが。

マイク入力部のD1とD2を1N4148からMA700に変更してます。(Tnx JA1VZV)

« 6mQRPトランシーバ製作中 20171002 | トップページ | 全市全郡コンテスト »

自作」カテゴリの記事

コメント

突然のご連絡にて失礼致します。

名古屋で電子部品のオンラインマーケティングを行なっております、ANCHOR代表の森下と申します。

この度、貴サイトを拝見しまして、ぜひ弊社顧客(電子部品関連のグローバル企業)とのタイアップをお願いできないかと考えております。

つきましては、詳細についてご説明させていただくことは可能でしょうか。

何卒、よろしくお願い申し上げます。

森下彰大
メールアドレス:info@anchor2018.com
事業紹介HP:https://www.anchor2018.com/

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 6mQRPトランシーバ製作中 20171003:

« 6mQRPトランシーバ製作中 20171002 | トップページ | 全市全郡コンテスト »