« 関ハム | トップページ | ハンダコテ買いました »

2018/07/30

カード型エレキー試作 7

関ハムの前にこんな状態でエレキーの基板にCR2032×2個用の電池ボックスをつけて遊んでいたのですが、うまく動作しませんでした。



電池の電圧が正常か確認しようとしてテスタをつないで電源を入れると何事も無かったように動作します。

どうして?^_^;

さらに調べると、電池がつながっている箇所を手で触っている時も正常に動作するようです。あー、もしかして、微小な交流電流を「センサ(パッド)から手を経由して基板に戻す回路がいる」のかもしれないです。2箇所以上のパッドに同時に触れている場合も検出している様子なのですが、この場合は検出していないパッドがGNDになってセンサのパッドから出た信号を取り込めていると考えれば辻褄が合う、かなぁ。

<2018.08.18追記>
右上長方形の中の上から2番目、0V端子から写真のように電線を引き回したら単体でも検出するようになりました。普通は電源とリグにつながる線があるので不要の筈ですが。

« 関ハム | トップページ | ハンダコテ買いました »

自作」カテゴリの記事

日記」カテゴリの記事

コメント

USBハンダコテもモバイルバッテリーだと反応悪くて、充電器やパソコンだと問題ない。電池が小さくて近いから、ほんの僅かの人体とキーヤー間に電位差や電流が無いからセンサーが作動しないのでかも。。

ケーブルが短いとダメかも。
ウチでもCR2032を電池ケースに入れたのだけつなぐとダメで、ミニジャックに適当なコードをつないだら上手く行きました。それとか60cmくらいのUSBケーブルを流用してメッセージキーヤーの外付け端子に縦振れとしてつないだ時も問題ありませんでした。

それと、、、、モバイルバッテリーだと電流が少な過ぎて勝手にOFFになって使えない事がありました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: カード型エレキー試作 7:

« 関ハム | トップページ | ハンダコテ買いました »