« TouchKeyer 追加分、完成 | トップページ | JARL QRPコンテスト 2018 »

2018/11/01

TouchKeyerつまめるようにもできました

親指と人差し指で摘まむように操作するようにできないか?と相談があったので、ちょっと試してみました。


こんな感じで2cm位に切ったアルミのLアングル材をセンサパッドに貼り付けてみたところ、最新バージョンの青い基板より前のものではうまいこと動作しました。
青い基板では、センサパッドを小さくして、その分の領域にグランドパターンを引いたので、同じサイズのLアングル材ではグランドとセンサパッドが結合して指で触っている状態になっているようです。これはLアングル材をもっと短く切れば解消するのではないかと考えています。

ただ、これ、ひとつ問題があって、

基板を机などに固定しないと動いてしまって困ったことになります。

両面テープ等で固定する必要があります。

« TouchKeyer 追加分、完成 | トップページ | JARL QRPコンテスト 2018 »

自作」カテゴリの記事

日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: TouchKeyerつまめるようにもできました:

« TouchKeyer 追加分、完成 | トップページ | JARL QRPコンテスト 2018 »