« QSOパーティーとFDコンテストについての意見表明(JARLの意見募集に応じた内容を転記します) | トップページ | 自作機用スピーカマイクを更新 »

2019/11/13

QRPコンテストと自作50MHz3モード機改修

ちょっと時間が経過してしまいましたがQRPコンテストとその後の日記です。

まずはQRPコンテストで交信していただいた方、ありがとうございました。午前中に団地の行事があったために移動場所に到着したのが午後2時ごろ、その後準備などして午後3時すぎから暗くなるまでの参加でしたがトータル16交信と例年なみの交信局数となりました。

コンテスト中にキーとスピーカマイクを両方接続した状態でSSB運用していたところ回り込みが発生していると指摘をいただきました。

キー側の配線を外すと正常な状態になるということでしたのでCWの運用はあきらめSSBのみで続けました。モード切替用のロータリースイッチが3回路余っていたので図のようにフォーンの時はマイクの信号だけ、CWの時はキーの信号だけを接続する回路を追加しました。

(TNX IBI OM)

Mode_sw

SSB/AMの送信開始時に一瞬「ンギャッ」って変な音が出る点も指摘いただきました。

わかっていたけど、いい対策がみつからないので放置していましたが送信開始時に送信アンプのゲインが立ち上がる時間を遅らせるようにして気にならない程度に抑え込みました。(Q7のG1とGNDの間に入っているケミコン)

 

Tx_amp

 

こちらはコンテスト前に行った内容ですが、AGC回路の変更です。

元の回路ではAFを倍電圧整流してからOPアンプで増幅していました。変更後の回路では以下のように片接地のOPアンプでB級(ゼロアイアス)増幅した後で整流するように変更しました。

        Agc_amp2 

 

 

 

 

 

 

« QSOパーティーとFDコンテストについての意見表明(JARLの意見募集に応じた内容を転記します) | トップページ | 自作機用スピーカマイクを更新 »

移動運用」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« QSOパーティーとFDコンテストについての意見表明(JARLの意見募集に応じた内容を転記します) | トップページ | 自作機用スピーカマイクを更新 »