« 今年の東京UHFは | トップページ

2021/01/10

2TX対応型CQマシン

以前製作してコンテスト等で使っていたCQマシンを改良しております。

まずはユニバーサル基板で試作しました。

回路図PDF - cqm.pdf

 

試作版でチャレンジすること

・CPU変更

 サイプレス→ルネサス製。入手困難になってきたので秋月で扱っている安価なCPUに変更。

・コンプレッサ機能付きマイクアンプ採用

 定番?のTA2011ではなく日本無線製のICを使ってみます。秋月で入手。

・応答待ち時間設定用VR実装

 やってみたかった機能なので^^

・2TX対応

 CPUのポートが余っていたので実験的につけてみることにします。

 

試作版で省略・妥協したこと

・PTT出力回路のPhotoMOSリレー化

・回り込み対策

・出力レベル調整

・専用基板化

« 今年の東京UHFは | トップページ

自作」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 今年の東京UHFは | トップページ